キレイになりたい


そんな気持ちはもしかしたら人一倍大きかったかも

しれません。


やはりそれは幼少期に太っていて

容姿にコンプレックスがあったのも

要因の一つだと思います。


自分の顔も好きではなかった。

もっと大きな目

高い鼻

周りの友達を見てはいいなぁとないものねだり






ひがむ心がありつつも、

どっぷり浸からなかったのは

自分の努力によって少しづつ変化が

出てきたからです。


ダイエットによって体重は減っていき

メイク雑誌を見ながら練習したメイクで

メイクした自分の顔もなかなかいいじゃない。

と思えることができました。






だからとか言って私は決して美形にはなれません。

こればっかりは生まれ持ったものです。


でも30歳を過ぎた顔は内面が

あわられてくる。

第一印象で「優しそうな人」と思われるのは

内面があらわれているからだと思いたい。


目指すのは「あの人なんかいいよね」

それは丁寧に生きることに

繋がっていると思います。


大切な人を丁寧に接するように

自分自身も丁寧に接する。


「体を洗う」


一つを取っても

たっぷりの泡で優しく手で洗うのか

タオルでゴシゴシするのか

それだけでも違ってきます。


あとはお花を飾ったりするのもいいですよね。

毎日の水替え

それだけで丁寧な生活になります。








丁寧に優しく


一つ一つの行動が私の顔も

作っていきます。


第一印象であの人なんかいいよねと

思ってもらえたら嬉しいですね。