【心ー1】どうなりたいか?より“どう在りたいか?”が一番大切

1番最速で1番ラクに美しくなる方法を

お伝えできれば最高なのですが

私が20年美容のお仕事をしてきて

そんな魔法のようなものはありませんでした。

ヘアメイク・美容部員・エステティシャンと

様々な外見美に携わってきましたが

表面的なテクニックよりも大切なことを

1番初めにお伝えしなくてはいけません。

それは《自分の心を知ること》です。

私自身が一番変わったのが

ヘアメイクを学んだことではなく

ダイエットに成功したことでもなく

自分の内面と向き合ったことでした。

私は10代の頃から

「こうなりたい」

「これをしたい」

という夢見る夢子ちゃんでした。

美容学校を出て、憧れた美容業界に入ったものの

実は初めのサロンは2週間で辞めています。

今では考えられないくらい根性がなくて

「こうなりたい」ということだけ口にする

ビッグマウス。

そんな私の中で変化が訪れたのが

「私はどう在りたいのか?」

という自分の価値観を明確にしたことでした。

外へ外へと何かを追い求めるのではなくて

自分の内側に問いかける。

そして見えてきたのが

「私は様々なことに挑戦する私で在りたいんだなぁ」

ということでした。

だからやりたいと思った時には

迷わず挑戦します。

実は私たちにはベストな答えを選択する能力は

ありません。

例えどんな結果になろうとも

私は自分の価値観に沿って選択できた時は

受け入れることができるのです。

美容というと外見を磨くことに

意識が行きがちですが

外見を磨くことにはゴールがないのです。

だから執着してしまう人がいる。

本来美容は自分に自信を持ったり

自分が満たされるための一つのツールです。

もちろん「あの人みたいになりたい」

という目標も大切ですが

私たちは憧れのあの人にはなれません。

自分の人生を生きるために

自分自身で幸せを見つけるために

まずはこんな私で在れたらいいな

という価値観を明確にしてみてください♡

そしてその価値観に沿って

行動を選択していくことで

まるで人生の歯車が噛み合ったかように

加速していきます。

これは習慣力でも夢を叶えるためにも

そして美しくなるためにも

その行動の先にある価値観を明確にすることで

達成率が大きく変わるんですよね。





【心ー2】自分と向き合ってみる

先ほど「私はどう在りたいか?」

を明確にすることをお伝えしました。

とは言ってもいきなり

「あなたはどう在りたいの?」

と聞かれても答えられないですよね。

「えっ、、、そんなこと考えたことない」

私が一番始めに思ったことです。

私たち世代は学校教育で

自分のことを知ること

自分の想いを伝えること

を習ってきていません。

どちらかといえば

右にならえの方針で

みんなと同じことができた方がいい。

考えるより覚える方を

重視されてきたのではないでしょうか?

だから、わからなくて当たり前。

気づいた“今”から始めればいいのです。

そのためには、まずは自分に問いかけをすること。

好きなものには「なぜ好きなの?」

やりたいことには「なぜやりたいの?」

苦手なものには「なぜ苦手なの?」

やりなくないことには「なぜやりたくないの?」

一つ一つ問いかけ

自分なりにその先の“なぜ?”に答えていくのです。

そうすると「あ〜、私はこんな理由だから

やりたくて好きなんだ」

「だから苦手なんだね」

とその事柄に対する価値観がわかるように

なります。

ここからステップアップしていくと

嫌なことや上手くいかないことが起きた時に

どっぷり浸ってしまうのではなく

「じゃあ、どうする?」

と一歩前を向けるように問いかけができるのです。

私はコーチングの概念

【答えは自分の中にある】

というのが本当に理解できた時

人生が好転し始めました。

自分の環境、容姿に言い訳をすることが

なくなりました。

今の私を作っているのは今までの自分。

未来の自分はまだ変えていける!!

そのために自分はどう在りたいのか?

紙とペンを用意して

自分の心に問いかけてみてください♡






【心−3】美しく生きるには外見美と同時に内面美も培う

今回、50本の美容に関するコラムを書く上で

“心”を1番先に持ってきたのは意味があります。

私自身20年近く美容のお仕事に携わってきた中で

始めは外見美だけにとらわれていました。

「キレイになりたい」

「スタイル良くなりたい」

そんな想いから

ヘアメイクによる目に見える美

そこで感じたのが土台がキレイなら

メイクってもっと楽しいんだろうな♡

ということ

そこからスキンケアによる素肌美にいき

コスメだけでは限界があると感じ

エステティシャンの道へ、、、

そして多くの女性と関わる中で

年れを重ねれば重ねるほど

どんなに磨かれた外見よりも

心の健康や美しさが外に溢れ出るんだ!

ということを感じました。

内面が美しい人ってどんな人だろう?

そう問いた時に出た今の私の答えは

”好奇心があって人生を楽しんでいる人”

”周りに対しても自分に対しても誠実な人”

”寄り添える人”

だからそんな私になりたいなと思っています。

そして大切なのが何かに偏るのではなく

ホリスティックにバランスよく

外見も内面も磨いていくことなんだと思います。

様々な方とお話ししてきた中で

皆さん言われたのが

「幸せになりたい」

ということ。

最終的には”幸せになる”

というのが目的なんですよね。

その一つの手段に美容というのはあります。

だからこそ美容だけに執着するのではなく

自分の内面とも向き合うことで

身の回りに転がっている

小さな幸せに気づけ

より豊かな人生になるのではないでしょうか?