【肌−1】スキンケアは私と私のスキンシップ


今まで《心》マインドについてお伝してきましたが

いよいよ新しいカテゴリーです。

私は今まで、

美容師&ヘアメイクアップアーティストから

美容のお仕事に入り

美容部員、エステティシャンと

どんどん内側の美に入っていきました。

それは外見美を追求していく中で

表面を着飾るよりも土台をキレイにしていくことが

大切なことに気づいたのです。

美容は容姿を美しくする

ということですが

それは誰かのためでもいいです。

ですが、1番大切なのは

自分のためであると思っています。

特にスキンケアは自分で自分の肌を包み込む

大切なスキンシップ。

大人になると誰かに包み込んでもらう機会は

減りますよね。

その中でも毎日自分の手で包み込んであげる。

スキンケアは肌のお手入れをするだけではなく

ワタシを慈しんであげる大切な行為です。

スキンケアの時間は3分だけでも

ゆっくりと目を閉じ、

人の温もりを感じ慈しみましょう♡





【肌−2】肌は艶と透明感

美肌の条件といえば

《う・な・は・だ・け・つ》

と言われますよね。

うなはだけつとは

う・・・うるおい

な・・・なめらかさ

は・・・はり

だ・・・弾力

け・・・血色

つ・・・ツヤ

の頭文字をとったものです。

もちろん全てを手に入れたいですよね!

とは言っても肌は取り換えることはできないので

根本のケアには時間がかかります。

今週末に大事なイベントがある!

すぐに美肌に見られたい!!

という時に今すぐ美肌に見えるポイントは

《艶と透明感》を出すことです。

これは肌の色が明るいとか健康的とかは

一切関係なくて、どんな肌色でも艶と透明感は

美肌に見せる第一条件です。

艶と透明感があるだけで美人オーラを纏うことができます。

簡単に艶と透明感を出す方法をお伝えします!

その前に艶と透明感のない肌を確認しましょう。

問題点を見つけることで解決策が出てきますからね。

それはどんよりとくすんでいて粉っぽい肌です。

自分の肌を触っていてゴワゴワ・ざらざらしていたら

古い角質のケアをしましょう!

それだけで肌が明るくなります。

そして透明感を出すには水分の潤いが必要です。

切り干し大根を思い出してみてください。

水分を含んだ切り干し大根は透き通って

明るい色になりますよね。

肌も水分をたっぷりと抱え込むと透き通って

明るくなります。

そのために簡単なのがローションマスクです。

ローションマスクは手やコットンで化粧水をつけるより

数倍の効果があると言われています。

ただ、一つ注意しないといけないのが

放置時間を気をつける!

ということです。

使い方に記載してある放置時間を必ず守りましょう。

長くローションマスクをしすぎてしまうと逆効果。

まだまだもったいないなぁというぐらいで

顔から剥がし、私は余ったものは

首やデコルテ腕などに塗りますよ。

そして最後に油分で蓋をする。

この油分が大切で肌がモチっと吸い付くまで

きちんと馴染ませることでベタつきではなく

艶になります。

肌に艶と透明感を仕込んで

大勢の中にいても埋もれない

美人オーラを纏いましょう♡



【肌−3】スキンケアの量は規定以上

「今の私よりも少しでもキレイになれたらいいな」

そんな想いでスキンケアをしています。

美容部員をしていた時に多くの女性の

スキンケア習慣を伺いましたが

やはり多くの方が同じ想いを口にしてくれました。

その中でどの価格帯のコスメを使うか

迷うところですよね。

高価なものはやはり高価な成分が入っていたり

複合的な肌悩みにアプローチしてくれるものが

多いです。

しかし、何を使うか?よりもまずは

どう使うか?の方に意識をしていただきたいです。

いくら良いコスメを使ったとしても

きちんと使えていなかったら

望んだ効果は出ません。

そして使用量が少ないと

肌を擦ってしまい、逆に傷めることもあります。

ではどのくらい使えばいいのでしょう?

コスメにはメーカーが推奨する使用量というのが

記載されていますが、私がさらにアドバイスするとしたら

この使用量は最低ラインでその1.5倍くらいは

使用してほしいです。

高級コスメを少しだけ使うよりも

惜しみなく使える価格帯のコスメを

たっぷりと使用した方が肌への効果は高いですよ!