「やりたいことだけをやる」


やりたいことや好きなことをやることは

すごくエネルギーが高く

全てがそれだけになったらすごく幸せですよね。



私は好きなことや

やりたいことばかりしているように

見えるかもしれませんが

実はそんなことはありません。







やりたいことだけをやる

というのは正解であって不正解です。

なぜならやりたいことだけでは

上手くいかないのです。



当たり前ですが上手くいくためには

「やるべきこと」を

やらなくてはいけませんよね!

「でもそれがやりたくないんだよ〜」

と、やるべきことはわかっているのに、

なかなか行動に移すことができない。

という人が多いんですよね。



それはなぜでしょう?



本心ではやりたいとは思っていないからです。

イヤイヤやるのも嫌ですよね。

でも脳の反応を変えることで

やるべきことがやりたいことに変わっていきます。



「やるべきこと」を「やりたい」に

脳の反応を変えるためには

3つのポイントがあると言われています。



それは

1「速さ」

2「意味」

3「想い」

です。


だからこそ私はいつもピッパの法則

(ピンと思ったらパッとやる)

ですぐやることにしています。



そしてそれをやる意味を考えます。

やりたいことをやるためにやるべきことは

たくさんあります。







なぜをやるのか?

その先に何があるのか?



それが苦手なことであっても

望む未来において大切だとわかれば

やりたいと思えるのです。



「やりたいこと」ができる人は

「やるべきこと」ができている人



だからこそ次々と望む未来を

掴むことができるのです。



まずはあなたの夢を叶えるために

やるべきことを書き出してみましょう。

そしてそれをやるメリットを明確にしてみると

必ず「やりたい」に変わってきますよ!